人気の光脱毛のしくみを徹底検証しました


光脱毛は最近は脱毛サロンでもほとんど取り入れられている脱毛方法です。
強力な特殊な光をフィルターにかけて、さまざまな波長の光の中から
ムダ毛に反応する光を毛の毛根部に照射することで
毛根と毛包を焼くというものです。

主に脱毛サロンで使用されていますが、医療期間でもレーザーと一緒に
使用しているところもあるようです。

光脱毛はいろいろな呼び方をされているのですが
「IPL脱毛」「フラッシュ脱毛」「プラズマ脱毛」などが多いようですね。

医療レーザー脱毛と原理は似ていますが、かなり安価なところと
痛みが少ないところが大きな違いです。
これは施術を受ける側にとってもうれしいですね。
医療レーザーの痛みは個人差があるものの、麻酔が必要な人もいるくらいなので
想像よりも痛みが強いかもしれません。

また、光脱毛はレーザー光線より波長が長いので毛根まで確実に届くものの、
脱毛サロンでは医療行為にあたらないように出力を調整しなければならないので
脱毛の効果が出にくいというデメリットがあります。

ですから、医療機関で光脱毛を行うのであれば、出力が強くできるので
脱毛効果は得やすいといえるのです。

いろんな脱毛方法があります、こちらも参考になりますよ。

ワックス脱毛は、ムダ毛に接着する性質をもつ脱毛ワックスを使って、
直接脱毛する部位にワックスを塗布し、乾いたら一気にはがすという脱毛方法です。
市販でもいろいろなタイプの脱毛ワックスが出回っているので
ムダ毛を自己処理している人ならよくご存じですね。

脱毛ワックスのメリットは、どこでも使用できるところなので
自己処理用に使っている人が多いと思いますが、背中など自分で脱毛しにくい部分は
脱毛サロンでプロにお願いしているようです。
ただし、毛をワックスにくっつけて一気にはがすので
毛が抜けるときの痛みがかなりあります。
毛根から抜いているのですから、痛いのは当然ですね。

脱毛サロンではまず、脱毛箇所に温めたワックスを塗布し、
はがした後、残っている毛を抜くという流れが多いようです。
脱毛サロンで使われるワックスは固形状のものが多く、
ケースに入ったまま、ワックスを温めて溶かすようです。
施術が終わるとオイルを使ってお肌に残ったワックスをキレイに取り除きます。



最近話題のイオン脱毛は、イオンパックによって毛穴の状態を整えながら
施術を行う方法で、施術後の仕上がりがキレイだと評判の脱毛法です。
イオン脱毛では、まず毛穴の詰りを解消してくれるので、
新陳代謝がよくなることから、お腹や腰、腕や足などのダイエット効果も
期待できるのが大きな魅力です。
自己処理で黒ずんでしまった毛穴もきれいになるというのですから驚きです。

針を使ったり、電気を流す脱毛法と違って、痛みが少なく、
お肌へのダメージがほとんどないので安心ですね。

ただし、イオン脱毛は、ごくまれにアレルギー体質の人には
何らかの反応が出ることもあるので施術前のテスト照射やカウンセリングは入念に行います。
ほとんどのサロンでは必ずパッチテストを行って反応を調べてくれるので安全に施術が受けられます。

実は脱毛は、お肌や毛穴にかなり大きな負担をかけているので
施術後のケアはとても重要なのです。
それがイオン脱毛では、毛穴の状態を整えながら脱毛できるのですからうれしいですね。
毛穴をキレイにするだけでお肌に透明感が生まれますし、
代謝がよくなることでダイエットにもつながる、まさに一石二鳥の脱毛方法だと言えますね。

プラズマ脱毛とは、名前こそ違いますが「IPL脱毛」「フラッシュ脱毛」と同じ原理です。
波長の長いキセノンフラッシュ光線と特殊偏光フィルムによって
毛根を死滅させるもので、原理的には医療レーザー脱毛と似ていますが、
医療用レーザー脱毛に比べると痛みがかなり軽減されます。
痛いという感覚ではなく、じんわり温かいという程度なので、
痛みに弱い人には特におすすめです。

プラズマ脱毛のメリットはなんといっても痛みが少ないことですが、
それと同時にしみや肌荒れなどを整える美肌効果が期待できるところです。
しかも、照射範囲が広いことから短時間で広い範囲の施術が可能なのです。

毛量や毛質にもよりますが、大体1~2ヶ月に1度のペースで
4~6回の施術を受ければほほどきれいに脱毛できるということです。

プラズマ脱毛は、元々はヨーロッパなどの白人系には大変効果が高い脱毛方法であり、
日本に入ってきてからはまだ日が浅いため、その効果ははっきりとはわかっていません。
永久的な脱毛が可能なのかも、今はまだ判断出来ないということです。

一番痛みが少ない脱毛方法として人気が高まっています


光脱毛の中でもIPL脱毛はサロンでも人気の脱毛方法です。
「IPL」とは「インテンス・パルス・ライト」の頭文字をとったもので
特殊な光を照射してムダ毛を処理していきます。

どちらかといえば医療レーザー脱毛の原理と似ていて、光のエネルギーを利用して
毛根を破壊するというものです。
レーザー脱毛と大きく異なるところは、痛みをほとんど感じないところです。
医療レーザーは人によっては麻酔が必要なこともありますが、
IPL脱毛の場合は、照射部分に温かさを感じる程度で痛みはありません。
むしろ、心地よいと感じる人が多いようですね。

現在のところ、IPL脱毛は、また日本に導入されて日が浅いことから
その効果についてははっきりとした判断はできないのが現状です。
施術後、毛が全く生えないという人もいれば、また生えてきたとい人もいるので
その効果を判断するにはもう少し多くの症例が必要かもしれません。

ただし、脱毛サロンで使用する場合には、どうしても照射出力が弱くなってしまうため、
脱毛完了まで時間がかかったり、効果がでにくい場合もあります。

いずれにしても、永久脱毛ではないということは認識しておかなくてはなりません。

痛みの図式  医療レーザー>フラッシュ脱毛>IPL脱毛


フラッシュ脱毛は、最近特にいろいろな脱毛サロンでも取り入れられている脱毛方法で
人気がありますね。
原理としては、フラッシュ光線という拡散光を毛根に照射して、
その光のエネルギーによって毛根を破壊し、毛が生えなくするというものです。

照射後、1~2週間で照射した部分の毛が自然に抜け落ちてきます。
その後、また毛が再生されますが、以前の毛よりも細く弱々しい毛となり、
これにまた照射していくという施術を繰り返します。

レーザー脱毛よりは痛みが弱く、価格も安く抑えられますが、
IPL脱毛に比べると少し痛みが強いようです。
照射時に瞬間的にピリッとするような痛みを伴うのが特徴です。

フラッシュ脱毛も、IPL同様、日本に導入されてからまだ日が浅いことから
その効果は実証できていません。
やはり、個人差が大きく、毛が生えてこない人もいれば
すぐに生えてきたり、効果が゛てにくい人もいるようですね。

また、医療レーザーのように1度で毛根を破壊する力はなく、
何度か続けるうとに毛母細胞がすべて死滅するというスタンスなので
完了まで長い時間がかかってしまいます。

ただし、お肌への負担は少ないので、敏感肌の人や医療レーザーの痛みが
耐えられないという人には向いているのかもしれませんね。

針にコーティングがあるかないかでお肌の負担が違ってきます


ニードル脱毛も絶縁針脱毛も毛穴に細い針を差し込んで、
弱い電流や高周波を流すことで毛根部を破壊するというものですが、
両者にはどのような違いがあるのでしょうか。

絶縁針とは、針に特殊なコーティングが施されたもので、
ニードルにはこのコーティングがありません。

コーティングをすることで、皮膚への刺激を少なくできるので
皮膚炎や色素沈着を減らすことができるのです。
コーティングのお陰で皮膚に直接、電流や高周波が当たらないので、
皮膚を保護すると同時により強い電流を流せるというメリットがありますね。

けれども、ニードルも絶縁針も痛みはかなり強いので覚悟が必要です。
どちらかといえば、より強い電流を流せる絶縁針のほうが痛みは強いといわれています。

永久性は高く、ほぼ永久脱毛が可能となりますので、
医療機関で施術を受けるのであれば、麻酔を使用するのもおすすめです。
ただし、脱毛サロンでは麻酔は使えませんので痛みはダイレクトに感じますのでご注意を。

MTBlog50c2BetaInner

2013年11月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)
Powered by Movable Type 5.2